エルフドールの素材

Ⅰ、認証書・製品安全性

それは本当のリアルラブドールで、インフレータブル人形ではありません。弊社のラブドールがTPE素材で製造された、非常に権威ある認定を受けていますので安心してご使用ください。

Ⅱ、TPEって何?

TPE(Thermoplastic Elastomer)は熱可塑性エラストマー材料の一種で、環境によってゴムであったりプラスチックであったりする性質を持つ樹脂のことです。シリコンの一歩先行く素材です。現状のラブドールはシリコンが主流です。普通のシリコンより価格が安い、重量が軽い、柔らかい、高強度。シリコンよりもやわらかくプルプルしていて、肌触りもより人肌に近くなっています。価格で比べるとシリコンよりも高級な素材になります。

Ⅲ、シリコンって本当にいいの?

実は、そうではありません。高品質TPEの価格とシリコンの価格が同じです。2つの価格の間に違いはありません。

エラストマー(elastomer)とはゴム弾性を有する工業用材料の総称。 色: 白色。 密度: 1.61 g/cm。「elastic(弾力のある)」と「polymer(重合体)」を組み合わせた造語。 (Thermoplastic Elastomers (TPE)). 熱を加えると軟化して流動性を示し、冷却すればゴム状に戻る性質を持つエラストマー。スチレン系、オレフィン/アルケン系、塩ビ系、ウレタン系、アミド系などがある。

TPEとシリコーンの両方がエラストマーです.TPEは熱可塑性エラストマーです。シリコーンは熱硬化性エラストマーです。主鎖と主鎖との唯一の違いは、一方の分子構造がSI02構造であり、他方がCC構造であり、両方とも非常に安定であることである。成人向け製品の分野で広く使用されているほか、民生、食品、医療、航空宇宙などの分野でも広く使用されています。将来のアプリケーションにおける定量分析、新材料・技術・アプリケーションの戦略的見通します。

Ⅳ、TPEのメリット:

①価格が安い・重量が軽い・柔らかい。

価格が安い理由は原材料費が安いほか、製造工程も少ないので自ずと価格は下がります。また重量、柔らかさは素材単位でシリコンと比較するとこの様になりますが、ドールの場合重量は骨格を含めた重量になりますし、柔らかさも成分によって各社で異なります。悪い素材ということではありません。TPEは熱を加えると柔らかくなるので、再生(リサイクル)も可能ですが、熱可塑性(熱くなると柔らかくなる)があるので注意が必要です。また油による浸食も注意が必要です。それと素材が柔らかい分、擦ったり引っかけたりすると傷が付きやすいので大切に扱ってあげる必要があります。しかし道路を引きずって使う訳ではありませんから、部屋で遊ぶ分には「暖房器具のそばに置かない」位で大丈夫ではないかと思います。

②高い安全性で、食器などにも使用可能。

現在広く使用されているポリ塩化ビニルは、ゴム状の弾性を有し、様々な加工物に使用されている。 しかし、セキュリティ面では、これは邪魔なものです。 一方、エラストマー樹脂はポリ塩化ビニルよりも高い安全性を維持し、人間のマウスピースとの直接接触に使用することができる。

③低コスト化を実現する優れた特徴。

熱可塑性エラストマー(TPE)には費用面でさまざまなメリットがあります。現在広く利用されているシリコーンゴムなどの代用にも最適なので、高品質かつコスト削減を目指した成形・加工には非常にお勧めです。

価格帯が低い 素材そのものの価格帯がシリコーンゴム等の素材に比べて安価であるため、コスト削減につながります。製造工程が少ない架橋が不要であることなど、製造工程が少なくなるため生産性が向上し、エネルギー消費も抑えられます。

ラブドールはオイルをほとんど生成せず、臭いがなく、感触やストレッチ性が非常に強いです。本社のラブドールが長寿命は、あなたが非常に満足していることを保証します。